わんにゃん保健室 03-6315-8048

今週の往診症例ピックアップ【東京中央区/往診動物病院 症例紹介】

中央区銀座の往診専門動物病院『わんにゃん保健室 銀座』のスタッフです。

当院に寄せられる質問に、『夜は何時までやっていますか?』『中央区なのですが、仕事終わりが終電くらいになってしまうのですが診察をしてもらえますか?』などがあり、港区渋谷区中央区江東区にお住まいのわんちゃん・猫ちゃんのご家族様から多くご連絡をいただいております。当院は、朝9時から夜11時までが基本的に往診予約を受け付けております。夜7時から夜11時までが夜間診療、それ以降は深夜診療として受け付けております。往診獣医療の予約状況により、往診予約がとれない場合がありますが、可能な限りペット(犬、猫)に往診獣医療を届けさせていただきます。

東京都内でわんちゃん、猫ちゃんの往診をご検討中の飼い主様は、まずはメール(house.call@asakusa12.com)または電話(03-6315-8048)にて、お気軽にご相談ください。

さて、本日は往診獣医療での症例をご紹介させていただきます。

 

1. 家に帰ると、目が・・・(猫ちゃんの結膜浮腫、東京台東区、若齢)

ご家族様が帰宅後に、愛猫の異変に気付き往診の依頼を受けました。左眼は結膜炎や眼瞼痙攣(目をシパシパするなど)などの特別な症状はありませんでした。鼻水やくしゃみもなく、症状としては右眼をシパシパしているとのことだけでした。

下記写真で見るように、猫ちゃんの右眼は涙目となり、目をシパシパさせ、腫れぼったいように見えます。猫ちゃんの右眼の結膜は腫れていて、飼い主様はかなり動揺されていたとのことでした。

この猫ちゃんは、珍しく内服薬が飲める性格でしたので内服薬を処方し、内服薬に併せて点眼薬の頻回投与(1日6〜8回)をお願いしました。

また、今回は点眼の仕方もゆっくりとお伝えし、デモンストレーションを行い、飼い主様だけでも挑戦できるようになりました。

この病気は、もしかすると目がまぶたとくっついてしまう可能性もありますので、なんか変だなとペット(犬、猫)に異変を感じましたら、仕事帰りなどの夜でも翌朝まで待たず、獣医師に相談しましょう。

 

猫の結膜浮腫4.jpg

 

猫の結膜浮腫3.jpg

2. 胆泥症でも食欲旺盛、元気満々!(犬、ダックスフンド、東京足立区、高齢)

 

胆泥症は、最初は内科療法を行っていき、進行してしまった場合には、早期に胆のう摘出術を施すことが多い病気です。

 

近医にて超音波検査をおこなったところ、すでに胆のう内は白く濁っており(おそらく胆泥で充満状態)、外科手術を勧められたとのことでした。

 

・・・ちなみに、胆汁は脂肪などの消化に重要な役割を果たしており、肝臓で生成され、胆のう(胆嚢)内に貯留されます。食事をとると、胆嚢が収縮されて十二指腸内に胆汁を放出します。この胆汁が、なんらかの原因によってうまく排出されなくなってしまい、胆汁内で濃縮し泥状になってしまう病気を胆泥症といいます。(胆汁が結石化してしまった場合には胆石症です。)

 

この子の場合には、肝臓の数値が高いことや年齢、過去に乳腺腫瘍やヘルニアなどで何度も麻酔下での手術を行ってきたため、もうこれ以上は負担をかけたくないというご家族様の意向を大切にし、往診による在宅での内科診療を行っています。

現在も、できる限りペットにも飼い主様にも負担をかけないような診療プランを十分な時間をとって飼い主様と話し合い、適切な診療プランを考案し一緒に頑張っています。

内服薬の数が3種類。食欲旺盛なのに、薬が入ってくるとわかるようで、あの手この手と変えながら、飼い主様に日々頑張ってもらっています。

検査には採血による血液検査と、腹部超音波検査による病変部の経過観察を用いています。

獣医師からすれば、外科手術を勧めたい症例です。しかし、ペットに対する愛情のかけ方や考え方はご家族様ごとに異なります。

当院の往診獣医療では、獣医師としてのアドバイスは行いますが、決して押しけずに、ご家族様の意向を尊重させていただきます。

だからといって、一度決めたら絶対その診療方針というわけではなく、意見が変わるようであれば、その意向を汲んだ診療方針に随時切り替えていきます。

ということで、まずは、内服薬を頑張っていきましょう!

 

36176541_1880235838701204_2238454959454552064_n.jpg

(写真がぶれてしまいました...)

 

往診専門の動物病院「わんにゃん保健室」では、ご家族様の生活環境に合わせた診療内容をご提案させていただきます。

 

在宅ワークをされていて家から出づらい方、お仕事が忙しい方、諸事情により動物病院に通院することが難しい方など、そして、動物病院での待ち時間を無くしたいといったご家族様に、ペットの往診獣医療は多くご依頼されています。一緒に生活されているペット(犬、猫)の往診についてご質問がございましたら、まずはお気軽にご相談ください。

 

動物病院「わんにゃん保健室」では、東京台東区・中央区にそれぞれ分院があることから、東京都内であれば比較的広く往診にすることができます。台東区浅草周辺や、中央区晴海・中央区銀座近辺でペット(犬、猫)の往診獣医療をご希望の方は、是非お問い合わせください。

 

ペット(犬、猫)と暮らしているご家族様にとって、わんちゃん・猫ちゃんはかけがえのない大切な存在であると思います。

 

大切なペット(犬・猫)の命を守る手段の一つとして、往診獣医療のご相談、お待ちしております。

 

◆-----------------------------------◆

東京台東区/中央区エリアのペット往診専門 動物病院
わんにゃん保健室
 
ペット相談・往診ならお気軽にご相談ください!
電話番号:03-6315-8048(往診本部直通)
 
 
 
受付時間:9:00〜23:00(19:00以降は夜間診療)
休診日:不定休診療カレンダー
 
 
【本院】
〒111-0036
東京都台東区松が谷3-12-4 マスヤビル5F
 
【分院:勝どき】
〒104-0053
東京都中央区晴海3丁目近郊
 
【分院:銀座】
〒104-0061
東京都中央区銀座5-6-12みゆきビル7F
 
 
 
◆-----------------------------------◆
求人情報
ペットの幸せ
ドクターズインタビューに当院のドクターが掲載されました

所在地

浅草:
〒111-0036
東京都台東区松が谷3-12-4
マスヤビル5F

勝どき:
〒104-0053
東京都中央区晴海3-13

銀座:
〒104-0061
東京都中央区銀座5-6-12
みゆきビル7F

診療日・受付時間

09:00~23:00
(19:00以降は夜間診療)
休診:不定休

電話番号

03-6315-8048

お問い合わせ

お問い合わせはコチラ

リンク集