わんにゃん保健室 03-6315-8048

東京都中央区 ペット往診の最近のブログ記事

こんばんは!当院は、往診専門動物病院として港区・渋谷区・中央区・目黒区を中心に東京23区までエリアを拡大して、ご自宅まで訪問させていただき獣医療を提供しています。また、わんにゃん保健室は犬・猫専門ですので、他の動物種のペットはお受けすることができません。何卒ご了承ください。

 

往診獣医療のご予約理由にはそれぞれのご家族様ごとに違っていますが、その中で特に多いケースとして、やはり猫ちゃんの通院トラブルがあります。キャリーに入ってくれない、キャリーに入っても異常に怖がって鳴いてしまう、待合室でほかのペットが鳴くたびに怖がってしまうので、といったような繊細な猫ちゃんと暮らしているペットオーナー様からすると、動物病院に連れて行くこと自体が高いハードルになってしまい、飼い猫との死闘の末、結局断念してしまうといったことが多いようです。

 

そんな猫ちゃんにとっても、やっぱり定期的な健康診断は必要です。若い時は健康診断をなぁなぁにしがちですが、子猫の頃からずっと一緒にいる可愛い愛猫も、気づけばおじいちゃん・おばあちゃんの仲間入りをしていたりします。

 

さて今日は、高齢猫を飼っている飼い主様向けに、高齢猫の気をつけたい症状について書いてみます!文量が多くなってしまうので、複数回に分けていこうかなと考えてます^^

41205898_1993485310709589_5965949757305126912_n.jpg

こんな症状を認めたら、かかりつけの動物病院の獣医師に相談しましょう!そして、連れて行くことが難しければ、諦めずに往診専門動物病院に往診依頼です!

 

腎臓機能、大丈夫ですか? 

こんな症状ありませんか?

・トイレに行く回数が多くなった

・毎回ちゃんと尿量は出ている

・尿の色が薄くなったような気がする

・尿の臭いが、なんとなく薄くなった気がする

・お水をよく飲むようになった

 

若い頃と比べてお水を飲む量が増えた、おしっこの量が増えた、という症状(多飲多尿)がある場合は、もしかしたら腎臓の機能が弱ってきているかもしれません。

猫ちゃんは高齢になると腎臓の機能が弱ってくることが多い動物です。症状が進むと食欲が落ちたり、どんどん痩せきたりなど命に係わることもありますので、異常を感じたら尿検査や血液検査で腎臓の機能のチェックをしてみましょう。腎臓は一度悪くなってしまうと完治は難しい臓器ですが、早めに発見できると食事療法やお薬、点滴注射などで管理しながら症状の進行を遅らせることが可能なため、早期発見が大切です。少しでも思いつく点がありましたら、できるだけ早めに獣医師の診察を受けるようにしましょう!

 

当院の訪問による往診獣医療では、高齢猫の腎機能評価として、一番無理のない尿検査をメインで行っています。トイレにいくときに専用の採尿スティックをご準備いただき、狙いを定めて採尿してもらい、往診の時に採取した尿で尿検査を行います。もちろん、猫ちゃんの性格や状態に応じて採血を行い、血液検査を行うこともできます。しかし、多くの猫ちゃんで押さえられることが大嫌いなので、本当に必要な時以外は無理に血液検査を行ないません。飼い主様が健康診断を兼ねた採血をご要望であれば、専用の猫袋を使用して採血を行います。当院の往診獣医療で大切にしていることは、ペットのご家族様とわんちゃん・ねこちゃんにとって最大限ストレスがないように診察を行うことです。

 

口内炎かも・・・

こんな症状ありませんか?

・ご飯が食べづらそう

・食事の時に頭を振る

・食事の時に口を気にする

・涎が増えた

・口臭が強い

・前肢が汚れていて臭い

 

このような症状がある場合は、歯周病の可能性があります。歯石がたくさんついていたり、歯肉炎や口内炎があったりするかもしれません。また、口の中にしこりが出来ていて、それに違和感を感じている可能性もあります。ただ、猫ちゃんはなかなか口の中を見せてくれないことも多いですし、口の中が痛い場合には口の周囲に触れることすら嫌がることがあります。試してみて、嫌がるようであればお家で無理に確認せずかかりつけの動物病院に連れて行き、担当獣医師にチェックしてもらいましょう。

往診では、状況や状態などを包括的に把握することができるので、治療方法もより的確になります。この場合、多くの猫ちゃんで内服薬を嫌って全く飲めないので、注射による症状の緩和と治療を行ないます。2週間おきに行う治療になることが多いですが、猫ちゃんでこのような症状である場合には、生涯ずっとということになりやすいです。何もしなければ口が痛くてご飯が食べられず、徐々に痩せていってしまいますが、症状の緩和を行うことで今まで通りご飯を食べることができるようになることが多いです。

諦めずに、まずは専門家に相談しましょう!

 

今回は、高齢猫で多い腎機能低下とそれに伴う症状(多飲多尿)、口内炎とそれにともなう仕草について書きました。

 

往診専門動物病院わんにゃん保健室では、全ての猫ちゃんに必要な獣医療が届く社会の構築を目指します^^

 

では、また明日!

 

◆-----------------------------------◆

東京台東区/中央区/港区エリアのペット往診 動物病院
わんにゃん保健室
 
ペット往診・緩和ケアならお気軽にご相談ください!
電話番号:03-6315-8048(往診本部直通)
 
 
 
受付時間:9:00〜23:00(19:00以降は夜間診療)
休診日:不定休診療カレンダー
 
 
【わんにゃん保健室 あさくさ】
〒111-0036
東京都台東区松が谷3-12-4 マスヤビル5F
 
【わんにゃん保健室 勝どき】
〒104-0053
東京都中央区晴海3丁目近郊
 
【わんにゃん保健室 銀座】
〒104-0061
東京都中央区銀座5-6-12みゆきビル7F
 
 
【わんにゃん保健室】
公式インスタグラム・facebookがスタート!
 
instagram:asakusa12公式アカウント
Facebook:往診専門わんにゃん保健室公式アカウント
 
◆-----------------------------------◆

 

往診専門動物病院わんにゃん保健室 中央区銀座スタッフです。

いよいよ本格的に暑い日が続いています。日中は40度を超える地域がそこら中に認められ、地面の温度は60度以上とも言われています。この温度の地面を、素足で歩くのかと考えただけでゾッとしまうね。散歩の時間には注意しましょうね!

さて、ペット(犬、猫)と暮らしていると、春になれば狂犬病予防、暖かくなってくるとフィラリア予防、そして夏になるとこの話題。そうです、熱中症です!今回は実例から学び、なにが悪かったのかについて考えていきましょう^^

gl04006_artsdesignstudio.png

 

 

港区・中央区エリア/ペット往診/トイプードル/トイ君奮闘記

今回の登場ペットは、港区赤坂のタワーマンションに住んでいる元気なトイプードルの男の子のトイ君8歳です!

トイプードルのトイ君はとってもやんちゃで、飼い主様が出勤のときはいつもはしゃいでしまいます。この日の朝、はしゃぎすぎて水皿を倒してしまったのを飼い主様は気づいていたのですが、仕事に急がなければいけなかったためそのまま出発してしました。もともと飼い主様はクーラーが苦手なタイプであり、しかもその日は曇っていたため、クーラーをつけていかなかったそうです。

昼になるにつれて、天気予報では曇りだったはずでしたが晴れになってしまい、部屋の温度の急上昇を懸念し、急遽会社を早退したそうです。帰宅すると、愛犬のトイ君は尻尾を振って玄関にお迎えに来てくれました。しかしまだ安心はできませんでした。体はとても熱く、部屋の中を見てみると血便吐いた跡が何箇所かあったとのことでした。

近くに動物病院もなく、抱っこするにも呼吸状態が荒いので移動させてくないと考え、往診専門のわんにゃん保健室に緊急依頼されたとのことでした。往診専門動物病院わんにゃん保健室の獣医師がマンションに駆けつけ、身体検査を行い体温を測定すると、39.8度と高く、口腔粘膜(歯茎や唇の裏など)には異常所見はなく、見せていただいた糞便は鮮血が多く出ていました。状況と状態から熱中症の可能性を疑い、往診による在宅での処置を行いました。まずはクーラーを最大まで下げ、数種類の注射薬の注射と皮下点滴を行い、水皿に新しい水を注ぎ飲ませてあげます。体温が下がってくるのを待っている間に、最も重要な生活環境の指導を行いました。

指導させていただいたのは、①空調設定について、②飲み水の位置や量について、の2点です。

 

今回のケースでは、飼い主様の素早いかつ的確な判断によって大事に至りませんでしたが、熱中症は放っておけば致命的な結果になってしまうこともある怖い病気です。飼い主様が会社を早退することを即決し、また愛犬の異常を見過ごさなかったためよかったですが、なかなかこううまく早退できるものでもないかと思います。

経過良好で、今も元気に江東区豊洲のドッグランを走り回っているとのことでした^^

 

考えなければいけないポイントは?

さて、ここからは少し固い文章なってきますが、大切なのでしっかり読んでくださいね!

わんちゃん・ねこちゃんと生活する上で、なんでこう熱中症を強く獣医師が言うのかというと、ペット(犬、猫)は家の中で簡単に熱中症になってしまうからです。その理由の一つに、汗腺の量があります。

汗腺からはその名の通り汗を分泌し、それが蒸発(気化)するときに気化熱として体温を体外に放出します。ちなみに、この時、体内にある水分が使用されます。

人間の場合は全身に汗腺があり、ある程度ならば汗をかくことで高体温から体を守っています。では、犬猫の体はどうでしょうか?

犬猫の汗腺は鼻と肉球にしかなく(例外あり)、人間と比較して圧倒的に汗腺の量が少ないです。そのため、上がってしまった体温は、汗をかくことだけでは十分に下がらないということになります。

 

では、どんなことに気をつけたらいいのでしょうか?

 

1.空調設定

まずは、空調設定についてです。飼い主様からしたら暑くないと感じても、ペット(犬、猫)からしたら暑くてはぁはぁしてしまうかもしれません。動物種や品種によっても適温は変わってきますが、往診でお話しする時には26度〜28度くらいで、人間が一緒にいて不快に感じないくらいの室温と湿度とお伝えしています。場合によっては、時計に室温・湿度の表記がされているものの準備を促すこともあります。もしクーラーがなかった・故障しているとしたら、できる限り風通しを良くして、そして小さな部屋(ダンボールにタオルをかけなど)を一個作って中に大きな氷嚢を桶に入れて設置していただくと、結構涼しい空間が出来上がります。時間にして、4時間がぎりぎりかもしれませんが、何もしないよりはやってあげたほうがいいかと思います。

空調の設定は、ペット(犬、猫)を家に置いて出かけるときには、必ず気をつけてあげましょう。帰ってきたらぐったりしているという、悲しい事態は避けましょう。

 

2. 飲み水の確保

次に、飲み水についてです。

夏場のとっても暑い部屋の中で、水だけ置いておけば元気にしていたという経験はありますでしょうか?ペット(犬、猫)の体温調節の多くは、飲水(+排尿や排便など)によって、行われていると言っても過言ではありません。水を飲むことで口から喉、食道から胃、腸・・・と冷たい水が通過していく間に、水と接している部分では体内から水へと温度を逃しています。飲み水トラブルを起こしやすいのは、①屋内で係留している、またはケージに入っている、②わちゃわちゃな子、です。身体的な拘束があるために水場まで行くことができずに熱中症になってしまったり、自分で間違えて水のお皿をこぼしてしまったため、飲み水が摂取できなかった場合などがトラブルとして見られています。屋内で係留しているならば、少なくとも水まで届く長さまでは調整するようにしてください。また、もし元気すぎる場合には、万が一に備えて、水場を2つ以上設置するようにしましょう。

何事も、備われば憂いなしです。

 

脱水の初期症状は?

脱水が始まるとグッタリし始め、呼びかけても反応しない、脱力した感じがする。

水をあげようとしても飲まないとなると脱水が進行していると思われます。

逆に無理に飲ませると弱っている体に負担をかけてしまい下痢や嘔吐を引き起こしてしまうことがあります。進行が早いもので症状はどんどん悪くなってしまいます。

少しでも脱水症状が見られるようでしたら早急にかかいつけの動物病院に、または当院の往診獣医師までご連絡ください。

 

今年の夏は暑すぎます。飼い主様も気を抜かず、ご自分の水分補給も忘れないでください。

飼い主様ありきのペットの生活です。

熱中症に注意して、快適なペットライフを送りましょう。

 

◆-----------------------------------◆

東京台東区/中央区/港区エリアのペット往診 動物病院
わんにゃん保健室
 
ペット往診・緩和ケアならお気軽にご相談ください!
電話番号:03-6315-8048(往診本部直通)
 
 
 
受付時間:9:00〜23:00(19:00以降は夜間診療)
休診日:不定休診療カレンダー
 
 
【わんにゃん保健室 浅草】
〒111-0036
東京都台東区松が谷3-12-4 マスヤビル5F
 
【わんにゃん保健室 勝どき】
〒104-0053
東京都中央区晴海3丁目近郊
 
【わんにゃん保健室 銀座】
〒104-0061
東京都中央区銀座5-6-12みゆきビル7F
 
 
【わんにゃん保健室】
公式インスタグラム・facebookがスタート!
 
instagram:asakusa12公式アカウント
Facebook:往診専門わんにゃん保健室公式アカウント
 
◆-----------------------------------◆

 

中央区銀座の往診専門動物病院『わんにゃん保健室 銀座』のスタッフです。

当院に寄せられる質問に、『夜は何時までやっていますか?』『中央区なのですが、仕事終わりが終電くらいになってしまうのですが診察をしてもらえますか?』などがあり、港区渋谷区中央区江東区にお住まいのわんちゃん・猫ちゃんのご家族様から多くご連絡をいただいております。当院は、朝9時から夜11時までが基本的に往診予約を受け付けております。夜7時から夜11時までが夜間診療、それ以降は深夜診療として受け付けております。往診獣医療の予約状況により、往診予約がとれない場合がありますが、可能な限りペット(犬、猫)に往診獣医療を届けさせていただきます。

東京都内でわんちゃん、猫ちゃんの往診をご検討中の飼い主様は、まずはメール(house.call@asakusa12.com)または電話(03-6315-8048)にて、お気軽にご相談ください。

さて、本日は往診獣医療での症例をご紹介させていただきます。

 

1. 家に帰ると、目が・・・(猫ちゃんの結膜浮腫、東京台東区、若齢)

ご家族様が帰宅後に、愛猫の異変に気付き往診の依頼を受けました。左眼は結膜炎や眼瞼痙攣(目をシパシパするなど)などの特別な症状はありませんでした。鼻水やくしゃみもなく、症状としては右眼をシパシパしているとのことだけでした。

下記写真で見るように、猫ちゃんの右眼は涙目となり、目をシパシパさせ、腫れぼったいように見えます。猫ちゃんの右眼の結膜は腫れていて、飼い主様はかなり動揺されていたとのことでした。

この猫ちゃんは、珍しく内服薬が飲める性格でしたので内服薬を処方し、内服薬に併せて点眼薬の頻回投与(1日6〜8回)をお願いしました。

また、今回は点眼の仕方もゆっくりとお伝えし、デモンストレーションを行い、飼い主様だけでも挑戦できるようになりました。

この病気は、もしかすると目がまぶたとくっついてしまう可能性もありますので、なんか変だなとペット(犬、猫)に異変を感じましたら、仕事帰りなどの夜でも翌朝まで待たず、獣医師に相談しましょう。

 

猫の結膜浮腫4.jpg

 

猫の結膜浮腫3.jpg

2. 胆泥症でも食欲旺盛、元気満々!(犬、ダックスフンド、東京足立区、高齢)

 

胆泥症は、最初は内科療法を行っていき、進行してしまった場合には、早期に胆のう摘出術を施すことが多い病気です。

 

近医にて超音波検査をおこなったところ、すでに胆のう内は白く濁っており(おそらく胆泥で充満状態)、外科手術を勧められたとのことでした。

 

・・・ちなみに、胆汁は脂肪などの消化に重要な役割を果たしており、肝臓で生成され、胆のう(胆嚢)内に貯留されます。食事をとると、胆嚢が収縮されて十二指腸内に胆汁を放出します。この胆汁が、なんらかの原因によってうまく排出されなくなってしまい、胆汁内で濃縮し泥状になってしまう病気を胆泥症といいます。(胆汁が結石化してしまった場合には胆石症です。)

 

この子の場合には、肝臓の数値が高いことや年齢、過去に乳腺腫瘍やヘルニアなどで何度も麻酔下での手術を行ってきたため、もうこれ以上は負担をかけたくないというご家族様の意向を大切にし、往診による在宅での内科診療を行っています。

現在も、できる限りペットにも飼い主様にも負担をかけないような診療プランを十分な時間をとって飼い主様と話し合い、適切な診療プランを考案し一緒に頑張っています。

内服薬の数が3種類。食欲旺盛なのに、薬が入ってくるとわかるようで、あの手この手と変えながら、飼い主様に日々頑張ってもらっています。

検査には採血による血液検査と、腹部超音波検査による病変部の経過観察を用いています。

獣医師からすれば、外科手術を勧めたい症例です。しかし、ペットに対する愛情のかけ方や考え方はご家族様ごとに異なります。

当院の往診獣医療では、獣医師としてのアドバイスは行いますが、決して押しけずに、ご家族様の意向を尊重させていただきます。

だからといって、一度決めたら絶対その診療方針というわけではなく、意見が変わるようであれば、その意向を汲んだ診療方針に随時切り替えていきます。

ということで、まずは、内服薬を頑張っていきましょう!

 

36176541_1880235838701204_2238454959454552064_n.jpg

(写真がぶれてしまいました...)

 

往診専門の動物病院「わんにゃん保健室」では、ご家族様の生活環境に合わせた診療内容をご提案させていただきます。

 

在宅ワークをされていて家から出づらい方、お仕事が忙しい方、諸事情により動物病院に通院することが難しい方など、そして、動物病院での待ち時間を無くしたいといったご家族様に、ペットの往診獣医療は多くご依頼されています。一緒に生活されているペット(犬、猫)の往診についてご質問がございましたら、まずはお気軽にご相談ください。

 

動物病院「わんにゃん保健室」では、東京台東区・中央区にそれぞれ分院があることから、東京都内であれば比較的広く往診にすることができます。台東区浅草周辺や、中央区晴海・中央区銀座近辺でペット(犬、猫)の往診獣医療をご希望の方は、是非お問い合わせください。

 

ペット(犬、猫)と暮らしているご家族様にとって、わんちゃん・猫ちゃんはかけがえのない大切な存在であると思います。

 

大切なペット(犬・猫)の命を守る手段の一つとして、往診獣医療のご相談、お待ちしております。

 

◆-----------------------------------◆

東京台東区/中央区エリアのペット往診専門 動物病院
わんにゃん保健室
 
ペット相談・往診ならお気軽にご相談ください!
電話番号:03-6315-8048(往診本部直通)
 
 
 
受付時間:9:00〜23:00(19:00以降は夜間診療)
休診日:不定休診療カレンダー
 
 
【本院】
〒111-0036
東京都台東区松が谷3-12-4 マスヤビル5F
 
【分院:勝どき】
〒104-0053
東京都中央区晴海3丁目近郊
 
【分院:銀座】
〒104-0061
東京都中央区銀座5-6-12みゆきビル7F
 
 
 
◆-----------------------------------◆
東京中央区にあります往診専門動物病院「わんにゃん保健室 銀座」スタッフです。
当院では、銀座を中心に中央区・千代田区・港区等への往診を行っております。
東京都内でワンちゃんやネコちゃんの往診をご検討中の飼い主様は、まずはメール・お電話での無料相談から、お気軽にご相談ください。
 
本日は、「抗生物質」に関するブログを掲載いたします。
皆様はかかりつけの動物病院から処方された薬をきちんと飲み切っていますか? また、あまった薬を後日体調が悪くなった際に飲ませたりしていませんか?
 
「あまった薬を飲ませる」ことや「処方された薬を飲み切らない」ことで、どういったことが起こるのかを掲載させていただきます。普段よく処方される「抗生物質」について、飼い主様のひとりひとりが適切な取り扱いをできるようご紹介します。
 
chuoku_petoushin003.jpg
 

動物病院で処方される【抗生物質】について

愛犬・愛猫が体調を壊してしまった場合や、なんとなく具合が悪そうだなと感じたときは動物病院に通院して、必要に応じて薬を処方されます。
パピー期の子犬やキトン期の子猫では、まだ通院させたくないので往診獣医師を呼ばれている方も多いかと思います。また逆に、高齢期ペット(シニアペット)のくくりに入っているわんちゃんや猫ちゃんでは、通院自体が大きなストレスになりかねないので、往診専門の動物病院に往診依頼をしているケースも数多くあります。
 
処方された薬が残ってしまうことは本来ないはずですが、場合によっては手元に残ってしまうことがあります。
 
今回は、もし『抗生物質』が残ってしまった場合に、「次にペットの体調が悪くなってしまった際に、それを飲ませていいのか?」について考える機会になればと思い、『抗生物質の考え方』について書いていきます。
 
 

人やペットにとって【抗生物質】とは、どういうもの?

人の病院では、風邪をひいたり、食あたりを起こしたり、怪我をした時などに抗生物質が処方されます。動物病院でも同様に、抗生物質はよく使われる薬の一つです。
 
そもそも、「抗生物質」は何のために飲むのでしょうか?
 
抗生物質は本来、細菌などの病原体が体内で異常増殖しないようにするために使います。
ちなみに、細菌全部が必ず悪さをするわけではありません。私たちやペット(犬、猫)の身体は、常在菌という菌叢で普段から覆われています。また、動物達の体内にも多く存在しています。
 
この常在菌の叢を正常細菌叢といい、外部から他の菌が侵入してきた時に退治してくれる役割も担っています。そして、私たちや犬、猫の身体には免疫機能が備わっており、細菌やウイルス、カビなどの病原体が侵入してきた時には免疫システムが働き、菌を排除または増殖させないようにしています。
 
しかし、何かの拍子に免疫システムを破られ菌が体内で増殖してしまった時や、これから増植してしまう可能性がある場合に、抗生物質を使います。
ちなみに、抗生物質を使うと、悪い菌だけではなく、もともと体の中に住みついていた良い菌も殺してしまう事があり、そのために体の調子を崩してしまうという事もあります。
 
つまり、抗生物質は、使い方次第でメリットもデメリットもあるという事です。
 
chuoku_petoushin002.jpg
 
 

【抗生物質】を使用する時、気を付けるべきこと

抗生物質を使用する際のデメリットについて考えてみましょう。
 
抗生物質を指示されていない用法、用量、対応しない菌のものを使用してしまうと「耐性」を生じて菌が「耐性菌」になってしまいます。
「耐性菌」になってしまった菌は、通常の時に比べて圧倒的に抗生物質が効きにくくなってしまいます。それにより、抗生物質の飲む期間が長くなることや、強い抗生物質に変えざる得なくなってしまい、逆に体に負担をかけてしまうということも考えられます。
 
ですので「とりあえず体調が悪そうだから抗生剤を飲ませる」のではなく、「この病気だからこの抗生剤を飲ませる」という考え方が必要になります。
 
そのため、残薬に抗生剤があっても、決して乱用せずにかかりつけの動物病院の獣医師に相談していきましょう。
かかりつけの動物病院がもし休診日などで連絡が取れなかった時には、決して翌日まで待たないで、他の動物病院に連絡し、指示を仰いでください。
 
ワンちゃんやネコちゃんの病状・状態によっては、判断が一瞬でも遅れてしまうことで症状が大きく悪化してしまう可能性もあります。ペットは人の言葉を話すことができません。一番近くにいる飼い主様が、ペットの体調について細かく気を配ってあげてください。
 
往診専門動物病院 わんにゃん保健室では、無料電話・メール相談も実施しておりますので、もしお困りであればお気軽にご連絡ください。
 
 
 

飼い主様の判断による投薬ストップ

【抗生物質】がどういったものなのか、おわかりいただけたと思います。
それでは、逆に「抗生物質を飲まなかった場合」についても考えてみましょう。
 
動物病院や、おそらく人の病院でも同じだと思いますが、処方された医薬品を飼い主様や患者様の自己判断で、病気が治ったと考え投薬を中止してしまうケースが多々有ります。
 
動物病院で、獣医師は「耐性菌」が生まれないように用法・用量や服用期間を調節して抗生物質を処方します。症状が治まったからといって、途中で抗生物質を止めてしまうことは、「耐性」ができる大きな原因です。
そのため、処方された抗生物質は、用法、用量を守り飲み切るようにしてください。
 
また、処方された薬の投薬により「逆に体調が悪化してしまった」「普段とは様子が異なる」といった状態の場合には、迷わず獣医師に相談してください。
 
 
 

【抗生物質】の投薬に関するまとめ

今日は抗生物質について書いていきました^^
 
抗生物質を処方されたら、
 
1:獣医師に処方された分はきっちりと飲む
2:ペット(犬、猫)のご家族様の判断で途中で投薬中止をしない
3:もし残ってしまった場合でも、自己判断で使用しない
 
飼い主様の自己判断で使用する/中止するのではなく、きちんと獣医師に相談または獣医師による診察を受けるように心がけましょう。
 
もし通院することが難しいようであれば、かかりつけの動物病院に往診を依頼してみましょう。かかりつけの動物病院が往診に対応していない場合は、往診専門動物病院に連絡し、往診獣医師の診察を受けるようにしましょう。
 
chuoku_petoushin001.jpg
 
 
往診専門の動物病院「わんにゃん保健室」では、ご家族様の生活環境に合わせた診療内容をご提案させていただきます。
お仕事などで忙しい方や、諸事情により動物病院に通院することが難しい場合。または動物病院での待ち時間を無くしたいといったご家族様に、ペット往診を多くご依頼されています。ワンちゃんやネコちゃんについて、まずはお気軽にご相談ください。
 
動物病院「わんにゃん保健室」では、東京台東区・中央区へそれぞれ分院がございますので、近隣地域の方からご依頼があった際に、スピーディにお伺いすることが可能です。
台東区浅草周辺や、中央区晴海・中央区銀座近辺でペット往診をご希望の方は、是非お問い合わせください。
 
私たちと一緒に、ペット(犬・猫)の命を守っていきましょう!
 
 
 

◆-----------------------------------◆

東京台東区/中央区エリアのペット往診専門 動物病院
わんにゃん保健室
 
ペット相談・往診ならお気軽にご相談ください!
電話番号:03-6315-8048(往診本部直通)
 
 
 
受付時間:9:00〜23:00(19:00以降は夜間診療)
休診日:不定休診療カレンダー
 
 
【本院】
〒111-0036
東京都台東区松が谷3-12-4 マスヤビル5F
 
【分院:勝どき】
〒104-0053
東京都中央区晴海3丁目近郊
 
【分院:銀座】
〒104-0061
東京都中央区銀座5-6-12みゆきビル7F
 
 
 
◆-----------------------------------◆
東京都中央区・台東区のペット往診専門 動物病院『あさくさワンニャン保健室』です。
本日のブログでは、あさくさワンニャン保健室の中央区 分院についてご紹介いたします。
 
dog-3400275_640.jpg

あさくさワンニャン保健室がお届けする獣医療

あさくさワンニャン保健室では、ワンちゃんやネコちゃんを専門に往診による獣医療の提供を行っております。
往診を行うメリットとして、「病院での診察待ち時間がない」「住み慣れた場所で診察を受ける事ができる」といった点があげられます。
 
ワンちゃんやネコちゃんにとって『病院(=見知らぬ場所)』に行くこと自体がストレスとなってしまう場合があります。
あさくさワンニャン保健室では『ペットも飼い主も一番安心できる環境で 適切な医療を』というモットーから、往診による獣医療を提供しています。
 
 
また、通院を断念せざるを得ないといった状況にも、ペット往診であれば獣医療を届けることができます。
動物病院に通院できない理由は様々だと思います。
あさくさワンニャン保健室では、ペットとそのご家族の幸せのため、在宅医療に特化した往診という形でサポートを行ってまいります。
 
cat-3395726_640.jpg

あさくさワンニャン保健室 分院 中央区勝どき・銀座

東京中央区勝どき・銀座の分院では、中央区にお住まいの皆様はもちろん、近隣である江東区や豊洲、港区といった様々な地域の飼い主様からペット往診に関するお問い合わせをいただいております。
中央区近隣の飼い主様で、ご家族であるワンちゃんやネコちゃんのことでお困りのことがございましたら、あさくさワンニャン保健室へご相談ください。
 
中央区分院では、午前9時から夜23時まで往診の受け付けを行っております。かかりつけの動物病院での診療が難しいタイミング等での往診対応についても、ご相談を承っております。
 
 
あさくさワンニャン保健室では、ペット往診依頼だけではなくペットに関する様々な悩みをご相談いただく機会がございます。当院は皆様の悩みに寄り添い、解決に向かうための糸口を探すお手伝いをいたします。
 
また、当院では「ペットお悩み相談所:シニアペットライフ」を開設しております。
 
ペットの高齢期(シニア期)にまつわる様々な変化について、飼い主様からのご相談を随時承っております。下記ページの「相談ボックス」から、お気軽にお問い合わせください。
 
 
 
 

◆-----------------------------------◆

東京台東区/中央区エリアのペット往診 動物病院
あさくさワンニャン保健室
 
ペット相談・往診ならお気軽にご相談ください!
電話番号:03-6315-8048(往診本部直通)
 
 
 
受付時間:9:00〜23:00(19:00以降は夜間診療)
休診日:不定休診療カレンダー
 
 
【本院】
〒111-0036
東京都台東区松が谷3-12-4 マスヤビル5F
 
【分院:勝どき】
〒104-0053
東京都中央区晴海3丁目近郊
 
【分院:銀座】
〒104-0061
東京都中央区銀座5-6-12みゆきビル7F
 
 
 
◆-----------------------------------◆
求人情報
ペットの幸せ
ドクターズインタビューに当院のドクターが掲載されました

所在地

浅草:
〒111-0036
東京都台東区松が谷3-12-4
マスヤビル5F

勝どき:
〒104-0053
東京都中央区晴海3-13

銀座:
〒104-0061
東京都中央区銀座5-6-12
みゆきビル7F

診療日・受付時間

09:00~23:00
(19:00以降は夜間診療)
休診:不定休

電話番号

03-6315-8048

お問い合わせ

お問い合わせはコチラ

リンク集