わんにゃん保健室 03-6315-8048

猫の慢性腎臓病(高齢猫/多飲多尿/食欲不振/嘔吐/皮下点滴/台東区)

 

『猫は腎臓病(腎不全)になりやすい』

 

このことは、愛猫と一緒に暮らしているご家族様の多くがご存知だと思います。

 

往診専門動物病院わんにゃん保健室で往診に伺うご家族様の中にも、愛猫の腎臓病(腎不全)と向き合いながら、みんなで協力してご自宅で介護をなさっているご家族様が多くいらっしゃいます。

最近は、長寿の猫ちゃんが増えており、高齢になった愛猫の通院の負担をなくすために往診を選択されるご家族様も増えてきています。

 

当院の患者さんで、腎臓病(腎不全)のために月1回の診察と血液検査は往診で、2日に1回の皮下点滴はご自宅で行い、大好きなお家の中でご家族とゆったりとした幸せな時間を過ごす、今年17歳を迎えるシニア猫さんもいます。

 

本日は、腎臓病とはどういう病気であり、どういう症状が現れ、どういう治療が必要になるのかお話しさせていただきます。

 

布団でぬくぬく 猫 フリー写真.jpg

 

猫の腎臓病(腎不全)

 

 

<腎臓の働き>

腎臓は、体の中の老廃物を尿として排泄するという働きを持っています。その過程で、体内の水分量やミネラルバランスも調整してくれています。また、赤血球を造るために必要なホルモンも分泌しています。

 

高齢猫がなりやすいといわれている腎臓病(腎不全)は、『慢性腎臓病(腎不全)』と呼ばれるもので、長い時間をかけて腎機能が低下し、さまざまな症状をあらわす病気です。

進行は比較的ゆっくりですが、完治することのない病気なので、上手く病気と向き合っていく必要があります。

                                                                        

<腎臓病(腎不全)の症状>

腎機能が低下すると、排泄すべき老廃物が体内に蓄積することで『尿毒症』を引き起こし、元気や食欲がなくなり、嘔吐も見られるようになります。水分量やミネラルの調整が上手くいかないことで脱水状態に陥り、赤血球が少なくなることで貧血にもなってしまいます。

状態が悪くなる前には前兆が見られることが多いです。高齢猫と一緒に暮らすご家族は、以下のような症状がないか観察し、症状が見られた際には動物病院の獣医師にご相談してみてください。

 

・水を飲む量が増えた

・おしっこの回数が増えた

・おしっこの色が薄くなった

・食欲が落ちた

・便秘がちである

・嘔吐する回数が増えた

・歯ぐきや肉球の色が薄くなった

 

<腎臓病(腎不全)の診断、検査>

以下の検査を実施し、総合的に診断します。

 

①血液検査

②画像検査(レントゲン検査や超音波検査)

③尿検査

 

<腎臓病(腎不全)の治療>

腎臓病(腎不全)の治療の目的は、低下した腎機能を取り戻すことではなく、残っている腎機能を温存することと、腎機能低下による症状を緩和することです。愛猫が慢性腎臓病(腎不全)になってしまった場合には、生涯向き合い続けなければいけない病気であるという認識を持つ必要があります。

 

①食事療法

塩分やタンパク質、リンを多く含む食事は、腎臓に負担をかけるため、猫ちゃんが嫌がらずに食べてくれるようであれば、腎臓へのサポートに特化した食事に変更します。

 

②薬による内科的療法

高血圧に対して血圧を下げる薬、嘔吐に対して吐き気を止める薬、食欲低下に対して食欲増進剤など、症状に応じて薬の内服による治療を行います。錠剤だけでなく、猫ちゃん専用のシロップ剤もあります。

 

③点滴

腎臓病(腎不全)の治療で特に大事になることが、”脱水状態にさせないこと“です。腎機能が低下している分、腎臓はたくさん尿を作ることで老廃物を排泄しようとします。そのため、飲水だけでは水分量が足りずに脱水してしまう時には、皮下点滴によって足りない水分を補います。

 

 

猫の慢性腎臓病(腎不全)との向き合い方

 

 

猫の慢性腎臓病(腎不全)は、生涯向き合い続けなければならない疾患です。

定期的な診察および検査を行った上での治療が欠かせません。時には毎日や数日に1度の皮下点滴が必要となることもあります。

愛猫の病気との向き合い方でまずご家族様を悩ませるポイントは、『動物病院への通院』ではないでしょうか。キャリーに入らない、キャリーに入れるとずっと鳴いている、病院で暴れてしまう、病院に行くと余計体調を崩す、このような悩みを持つご家族様はたくさんいらっしゃいます。高齢になった愛猫に負担をかけての通院を望まれない方も多くいらっしゃいます。

 

通院では、病院までの移動時間、そして検査前の待ち時間、検査中、検査後の待ち時間、家までの移動時間、このすべての時間に猫ちゃんは緊張しストレスを感じてしまいます。往診では、検査中だけ頑張ってもらえれば、検査が終わればすぐに安心できるいつもの居場所で落ち着くことが出来ます。

 

高齢猫の通院にお困りのご家族様、ご自宅で出来る限りのケアをしてあげたいご家族様、通院が出来ないことで治療を諦めてしまう前にぜひ一度当院にご相談ください。

 

往診専門動物病院わんにゃん保健室では、往診獣医師が皆様のご自宅を訪問し、ペットの病状だけでなく性格や生活環境、ご家族様の暮らしも考慮したうえで、オーダーメイドの治療法をご提案させていただきます。ご家族様と愛するペット双方にとって幸せな生活の形をご一緒に考えます。必要に応じて、皮下点滴や強制給餌など、ご家族様で出来る在宅介護の方法も丁寧にお教えいたします。

 

23区内全域が診療範囲内であり、最近は中央区や千代田区からのご依頼を多くいただいております。ご予約フォームはこちらです。10時から19時の診療時間内に完全予約制で往診に伺いますので、まずは一度ご予約のご連絡をお願いいたします。当日のご連絡でも、予約状況に応じてお伺いできることもありますので、ご遠慮なくご連絡ください。

 

◆-----------------------------------◆

東京台東区/中央区/港区エリアのペット往診 動物病院
わんにゃん保健室
 
ペット往診・緩和ケアならお気軽にご相談ください!
電話番号:03-6315-8048(往診本部直通)
 
 
 
受付時間:9:00~23:00(19:00以降は夜間診療)
休診日:不定休診療カレンダー
 
 
【わんにゃん保健室 あさくさ】
〒111-0036
東京都台東区松が谷3-12-4 マスヤビル5F
 
【わんにゃん保健室 勝どき】
〒104-0053
東京都中央区晴海3丁目近郊
 
【わんにゃん保健室 銀座】
〒104-0061
東京都中央区銀座5-6-12みゆきビル7F
 
 
【わんにゃん保健室】
公式インスタグラム・facebookがスタート!
 
instagram:asakusa12公式アカウント
Facebook:往診専門わんにゃん保健室公式アカウント
 
◆-----------------------------------◆

 

求人情報
ペットの幸せ
ドクターズインタビューに当院のドクターが掲載されました

所在地

本拠点:
〒111-0036
東京都台東区松が谷3-12-4
マスヤビル5F

東京23区へ往診エリア拡大!
区外の方もお気軽にご相談ください。

診療日・受付時間

診療時間 10:00~19:00
(19時以降も対応できる場合がありますので、ご相談ください)
休診:不定休

>診療カレンダー

電話番号

03-6315-8048
電話受付 8:00~20:00

お問い合わせ

お問い合わせはコチラ

リンク集