わんにゃん保健室 03-4500-8701

連れ出せない保護猫さん(猫の嘔吐/東京中央区)

こんにちは!

 

往診専門動物病院わんにゃん保健室 往診専門獣医師の江本宏平です。

 

ペットの往診専門ということもあり、ペット往診のご予約をいただくのは、もっぱら猫ちゃんです。中でも、長期間というより家に迎えた時以来、動物病院に通院させたことがないような猫ちゃんたちが大多数です。

猫ちゃんの性格上一度動物病院で嫌な思いをしてしまうと、キャリーに入れられることと動物病院での嫌な思い出が直結してしまい、キャリーに入れられることすら逃げ出して震えてしまうくらい嫌がってしまいます。そうなると、できれば動物病院に連れていきたいけど、こんなにも愛猫にストレスがかかってしまうのであれば、元気そうだしまだ動物病院に連れて行かなくてもいいか、となってしまう傾向にあります。結果、高齢期を迎えて食欲減退、多飲多尿、嘔吐などを愛猫が示したときまでは、動物病院で獣医師に見てもらうという選択肢が頭をよぎっても削除してしまっているという状況は少なくありません。

 

猫ちゃんと暮らしている飼い主様は、動物病院に連れて行くことが難しいようであれば往診専門動物病院までご連絡ください。健康診断から血液検査、爪切りから様々な日常の悩みなども、診察の時に是非ご相談ください。

 

さて、今回は嘔吐してしまい食欲がなくなってしまった猫ちゃんのお話です。この猫ちゃんもまた、避妊去勢手術以降、動物病院へ連れて行けなくなってしまった猫ちゃんです。

922ce7471077df28840291db51597946_m.jpg

 

触れない愛猫の嘔吐(東京中央区/保護猫)

猫は生理的に毛玉を吐くということから、猫は吐くもの、というイメージがある方も多いかもしれませんが、実は通常であれば、勢いよく食べ過ぎて食後すぐに吐いたり、毛玉を吐く以外はほとんど吐くことはありません。

そのため、食後から時間が経っているにも関わらず未消化フードを吐く、日中に何度も吐く、吐いてから呼吸が変、苦しそうなどの症状があれば、何かのサインかもしれません。

今回は、そんな猫ちゃんのご紹介です。

 

症例は、東京中央区在住の10歳の高齢猫のゆずちゃんです。2,3日前から嘔吐して食欲がなくなったとのことでお電話を頂き、獣医師と動物看護師の2人でご自宅まで訪問させて頂きました。

 

お家にご訪問すると、ゆずちゃんは2階にいて、同居猫の子猫ちゃんが元気に出迎えてくれました。ゆずちゃんは、大人になってからお家に来た保護猫さんらしく、警戒心が強く、ご家族様も触れないほどだそうで、トイレやご飯のお世話のみしているという状態のようです。

 

詳しくお話をお伺いすると、ゆずちゃんは元々触れない子なのですが、皮膚炎があり、近くの動物病院さんに相談したところ、抗炎症剤のみ処方してもらっていて良くなったり、量を減らすと悪化したりを繰り返して1年ほどになるそうです。

お薬はウェットフードに混ぜると難なく飲むことができるようで、最近は薬の量も減って皮膚も良い感じだったところで、今度は嘔吐が出てきて、食欲がなくなってしまったとのことでした。そのため、お薬も飲めず皮膚が悪化して、かなり舐めてしまい脱毛が進んでいるようで、そちらも合わせて診察しました。

 

冒頭で述べたように、毛玉を吐いたり食後に勢いよく食べ過ぎたせいで吐いてしまう、というのはありますが、日中に何度か嘔吐する上、元気もなくなってきているということから、身体検査だけでなく、血液検査も行うことをご提案させて頂きました。

 

また、食べても吐いてしまうので、脱水を考えて皮下点滴、吐き気止め、また皮膚のことも考慮してステロイド剤を使用することとしました。

本来はステロイドを使ってしまうと、さまざまな病気が隠れてしまうのでやめておくところですが、ゆずちゃんはすでに1年ほど内服でステロイド剤を使用しているため、今回はそのままステロイド剤を注射で使用することとしました。

 

いよいよ警戒心が強いゆずちゃんとのご対面です。

 

同居の子猫ちゃんとご家族様には1階にいて頂き、往診専門動物病院わんにゃん保健室の獣医師と動物看護師のみ2階に行かせていただき、ゆずちゃんのお部屋に入りました。

ゆずちゃんはカーテンの奥にいて、全く動く気配がありません。

バスタオルとクッションを使ってゆずちゃんの動けるスペースを封じ、バスタオルで巻き巻きにして、身体検査を行なっていきました。体調が悪いせいか、ほとんど動くことなく、固まってしまっていましたので、そのまま採血に移り、採血もすごくスムーズに終えることが出来ました。ご家族の方々は捕まるかなあ、と心配されていらっしゃいましたが、私たち往診専門動物病院わんにゃん保健室の獣医療スタッフは、こういった猫ちゃんにも慣れています。暴れるために動物病院に行けない、という猫ちゃんを飼っていらっしゃる方は、いつでも往診専門動物病院わんにゃん保健室までご相談ください。

 

話しがそれましたが、ゆずちゃんはその後点滴も注射もすごくお利口に受け入れてくれ、処置が全て終わって解放すると、キャットタワーのお部屋に走っていきました。

 

ご家族様にも、ゆずちゃんは大人しく診察をさせてくれたことをご説明すると、すごく安心されていました。とにかく処置ができて一安心です。

 

吐き気があるとおそらく内服も難しいので、次の日もお伺いして、食べれていれば内服薬に切り替えていく、という方向で治療を進めることになり、この日は治療終了となりました。

 

血液検査では、わずかに白血球が増加しており、膵炎の数値がほんのわずかに高い数値でしたので、後日再検査を行うこととしました。結果からは、目立った原因が突き止められなかったため、1番疑われるのは何かしらが原因の胃腸炎の可能性が高いとご説明させていただきました。

往診専門動物病院では、できる限りの検査を行い、その中から得られた所見をもとに診察を進めていきます。血液検査や尿検査、糞便検査、腹部超音波検査や神経学的検査など、大型医療機器や全身麻酔を伴い検査や処置であれば、多くの場合ご自宅で行うことができます。

また、ご家族様のご希望に合わせて動物病院のご紹介や大学病院などへのセカンドオピニオンの紹介や精査・治療依頼なども行っております。

 

続きです。

 

次の日にご自宅までご訪問すると、ゆずちゃんは見違えるようによく食べるようになってくれたようで、これなら内服薬も飲ませられそう!とのことで、この日は内服薬をお渡ししました。

そして、昨日ステロイドを注射で使ったおかげか、ゆずちゃんの皮膚も少し良くなってきていて、舐めた形跡はありませんでした。

このまま治ることを祈り、血液検査の再検査は1週間後とし、この日も終了となりました。

1週間後、ご家族様にご連絡させて頂くと、ゆずちゃんはもういつも通りとのことで、安心できました。そして、1週間後検診としての再検査でも特に異常値は認められませんでした。

 

今回のゆずちゃんのように、大人になってからおうちに来た保護猫さんは、なかなか警戒心が強いことが多く、ご家族様に慣れるのにも時間がかかってしまうことが珍しくありません。そのため、動物病院に連れていけないことも多いかと思います。

しかし、猫ちゃんもシニアになってくると、腎不全や心臓病などさまざまな疾患が出てきますので、年に1回は健康診断をすることをお勧め致します。

その際、動物病院に行けないから、と諦めるのではなく、一度往診専門動物病院わんにゃん保健室までご連絡ください。どうすれば検査ができるか、治療ができるかを一緒に考えてご提案させて頂きます。

 

◆-----------------------------------◆

東京台東区/中央区/港区エリアのペット往診 動物病院
わんにゃん保健室
 
ペット往診・緩和ケアならお気軽にご相談ください!
電話番号:03-4500-8701(往診本部直通)
 
 
 
受付時間:10:00~19:00(19:00以降の場合には、ご相談下さい)
休診日:不定休診療カレンダー
 
 
【わんにゃん保健室 本部】
〒111-0036
東京都台東区松が谷3-12-4 マスヤビル5F
 
【わんにゃん保健室 中央区支部】
〒104-0053
東京都中央区晴海3丁目近郊
 
【わんにゃん保健室 江東区支部】
〒135-0046
東京都江東区牡丹3丁目近郊
 
【わんにゃん保健室】
公式インスタグラム・facebookがスタート!
 
instagram:asakusa12公式アカウント
Facebook:往診専門わんにゃん保健室公式アカウント
 
◆-----------------------------------◆

 

求人情報
ブログ
遠隔診療について
非常事態宣言について
ペットの幸せ
ドクターズインタビューに当院のドクターが掲載されました

所在地

本拠点:
〒111-0036
東京都台東区松が谷3-12-4
マスヤビル5F

東京23区へ往診エリア拡大!
お気軽にご相談ください。

診療日・受付時間

診療時間 10:00~19:00
(19時以降も対応できる場合がありますので、ご相談ください)
休診:不定休

>診療カレンダー

電話番号

03-4500-8701
診察をご希望の場合には、必ず留守番電話に
メッセージをお残しください

お問い合わせ

お問い合わせはコチラ

リンク集